2009年08月24日

無党派層の43%「比例は民主に投票」



43%の無党派層は民主党に投票する一方、自民党へはわずか15.8%しか、無党派層は投票しない。
無党派層が全体の31.1%だから、全体の14%は比例については民主党に投票すると言っている。
これはかなり大きいですね。
また、自民党支持層でも1/4は民主党に投票する緊急事態。

もはや、自民党は終わっていますね。
北海道でも、大物議員が続々と敗北する勢いだし。
ふたを開けてみないとわかりませんけど。
今回は、自民党支持層も民主党に投票する動きがかなり強そうです。
それだけ、自民党は信頼を失っているとも言えます。

民主党を叩いたり、連立を組んだりせず、国民を観て政治をしてもらいたいですね。
利権を確保するための政治家や政党はもはや必要ないと国民は考えているわけですからね。

自民党は基本的に政権を保持しておきたい政党だから、民主党が買った場合、ものすごい揺さぶりをかけてきそう。。。
とりあえず、裏で仕切ってきた大物議員が当選しない場合は、こういう揺さぶりはあまり起きないかもしれないけど、政治の世界は何があるかわからないからなぁ。。。
posted by Higuma at 15:54 | 愛媛 ☁ | TrackBack(0) | 時事・ニュース | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。