2008年02月26日

コロンビア・エメラルドマウンテン

コロンビアは日本の約3倍ほどの面積で、人口は約4200万人です。
首都はサンタフェデボゴタでスペイン語圏です。
3000m級のアンデス山脈が全土に広がっているため、山岳高原地帯が国土の大半を占めています。
コーヒー生産量はブラジルに次いで世界2位で、農園数は30万にも及びます。
地質・気温ともにコーヒー栽培に好適な国土を持っているためです。

コロンビアへのコーヒー豆の伝播は諸説ありますが、本格的には18世紀後半から始まり、今では国民の7人に1人がコーヒー関連産業に従事しているようです。


エメラルドマウンテンは、ジョージアのエメラルドマウンテン・ブレンドで聴いたことがあるかもしれません。
エメラルドマウンテンは、こく・酸味・風味・香りすべてにおいて高いレベルとなっています。
もちろん、缶コーヒーと比較できないほどです。
少々高いのですが、試してみる価値は十分あると思いますよ。



★1914年のこの日、パナマ運河が開通しました。

パナマ運河はパナマ共和国のパナマ地峡を開削して太平洋とカリブ海を結んでいる閘門式運河で、全長約80km、最小幅192mです。
当初はスエズ運河を拓いたフェルディナン・ド・レセップスが開発に着手しましたが、その後パナマ運河地帯としてアメリカ合衆国によって建設が進められました。
開発から10年の歳月を経て開通にいたります。
長らくアメリカにより管理されていましたが、1999年12月31日正午をもってパナマに完全返還されました。
現在はパナマ運河庁が管理しています。
posted by Higuma at 22:01 | 愛媛 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/87266099
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。