2008年03月29日

環境とガソリン税

道路関連以外の暫定税率のつなぎ法案が与野党で合意されました。
ようやくといった感があります。
遅すぎです。

この間、与野党で道路特定財源について、有意義な話し合いはできたのでしょうか?
できていないでしょう。


さて、特定財源を維持しなければならないと主張する人たちの理由として、地方が大変だからとか、環境対策が必要なときに暫定税率を排除するのはいかがなものかとか、いろいろいっていますね。

地方が大変だからと言うのは説得力ないです。
あるだけの税金でやりくりしてください。
ないから国民から吸いあげるというのはどうなの?
民間企業や家計でも今の収入でやりくりしているのに。


環境対策うんぬんはいかにも説得的に聞こえます。
もちろん、「道路特定財源をなくし、一般財源化する。そして、環境・教育・福祉等にも使えるようにする。」というなら説得的です。
ただ、特定財源を維持するという前提の元では説得的ではありません。

ガソリン需要の価格弾力性を調査しないと一概には言えないかもしれませんが、彼らの主張だと暫定税率をなくせば、ガソリンの消費量がかなり増えるというように聞こえます。
ということは、暫定税率を維持しておけば、ガソリンの消費量は抑制できるという考えですね。
抑制されているならば、道路を造り続ける必要は?
本当に必要な道路はまだあるとは思います。
しかし、これほどのお金が必要なのですかね。。。
一般財源化反対論者の主張は穴だらけです。
もっと筋の通った議論をしてください。


ただ、一般財源化したときに、暫定税率維持には多くの人が反発する可能性があります。
福祉・教育などに使えるなら、自動車ユーザーだけが負担するのはおかしいと・・・。
正論ですね。
となると、政府は環境税に置き換えるしかないのか・・・。
置き換えたくないでしょう。
利権を手放さずに、福祉・教育などに税金を回したいでしょうから。


この辺りの説明をしっかりしてくれないでしょうが、してもらいたいのが本音ですね。
最近の政治家は納得できる説明をしてくれる人が少ないですから。


最後に。
先日の福田首相の提案はかなり思い切ったもので、最大限の譲歩でしょう。
しかし、これは正式な手続きを踏んでいないことを自民党の幹部たちは強調しています。
それに対して、多くのマスコミは、「次は小沢さんが対案を出す番です。」なんていう報道をしたり記事を掲載したりしています。
これが本当に実現できる見通しがあるなら次は小沢代表の番だけど、そうでないなら特に動く必要はないですよ。
対案を出したところで、それが議論の対象になる可能性はあまりないわけですからね。
結局、マスコミは権力者の味方か。
少しは考えろ。


さて、福田首相の提案に対する冬柴国土交通大臣のコメント。
「私には必要な道路を造らなくてはいけないという指名がある。どうあろうと一般財源化します、というのは難しい。」
交通需要の最新データは出せない、必要な道路が何かをしっかりと示しもしない。
そんな人がこんなコメントをするとは。
笑っちゃいますね。
官僚の言いなりになるマリオネット大臣は必要ないですね。
こんなこといっているから、与党の一部議員から更迭論が出るのですよ。

少なくとも、公明党との連立は止めてもらいたいですね。


★1886年のこの日、コカ・コーラが発売開始されました。


販売当時は、コカインが入っていました。
もちろん、現在は含まれていません。















I couldn't sleep very well last night.
What the Cause of it?
I took a nap as I watch a movie "Alexander".
Let this be more carefully.


posted by Higuma at 23:29 | 愛媛 | Comment(0) | TrackBack(1) | 時事・ニュース | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

一般財源化 メリット
Excerpt: 道路一般財源化に理解読売新聞アピールは4知事と村井嘉浩・宮城県知事の連名で、税制関連法案の年度内成立のほか、道路特定財源の一般財源化などに関する誠実な協議や、地方重視の...
Weblog: サッカーボール
Tracked: 2008-03-30 00:05
blogram投票ボタン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。