2006年10月07日

キューバ・クリスタルマウンテン

今日は、キューバで生産されている、キューバコーヒーの最高峰、キューバ・クリスタルマウンテンについてです。

キューバはカリブ海に浮かぶ熱帯の島です。
キューバは1902年、米国から独立したあと、1959年にキューバ革命がおきてカストロ政権が続いています。国土は東西に長い島国で、面積は日本の本州の約半分、人口は1124万人です。人種は欧州系25%、アフリカ系25%で残りの50%が混血ハーフです。
主要産業としては観光業、農業(砂糖、煙草、柑橘類)で、コーヒー豆は日本とフランス向けが70〜80%を占めています。

さて、そのコーヒーですが、1747年にスペイン人のドン・ホセ・へラルトによってキューバにコーヒーが伝えられました。持ち込まれた苗木は、熱帯特有の恵まれた気候と土壌の中、 キューバ全土にコーヒー農園として広がりました。生産量のシェア−は、東部70%・中部20%・西部10%です。その中でも、キューバ 中央部シエンフエゴス州にそびえる、エスカンブライ山脈の生産地帯は、年間降雨量1990m、標高約1000m、昼夜の気温格差10℃以上、5%の有機物を含む肥沃な土壌を持ってます。このような、コーヒーが育つ最高の環境といえるこの土地で、 類まれなる芳醇な味と香りが誕生するわけです。
クリスタルマウンテンについては、日本がほぼ独占的に輸入しているようです。

各農園で、ハンドピックにより収穫された完熟コーヒーチェリーを、 数カ所の水洗工場でパ−チメントにします。ただし、パーチメント表面に付着している粘着物を除去する工程として 中米・ コロンビア等、他国の水洗式コーヒー産地のように、 パーチメントを一昼夜、水槽に漬けておく工程が無く、 果肉を機械でむいた後、清らかな水をふんだんに使用し、 水圧ある流水で荒い流す工程が採用されてます。

さて、このコーヒーはなんで『クリスタルマウンテン』と呼ばれているのでしょうか?
前述のキューバ・エスカンブライ山脈の頂きから見る景観は、緑の樹木に覆われた山と澄んだ空の色に圧倒されるそうです。この景観の秘密は、差し込む光がまるでカットされた水晶(クリスタル)を思わせるモノにあるらしいんですね。そんな由来からこの地域では、この山々を『クリスタルマウンテン』と呼んでます。このコーヒーはここで作られているため『クリスタルマウンテン』という名が付いているんですね。

クリスタルマウンテンの味わいの特徴は、酸味がそれほどきつくなく、柔らかい味わいにあります。これはブルマンという名で知られているブルーマウンテンNo.1と同じです。そして、甘味もバランスよく、コーヒーを入れたときの香りは、他のコーヒーとはひと味違うとすぐにもわかるでしょう。ブラックで飲んでももちろんおいしいのですが、牛乳を少し入れると、コーヒーに潜在的に備わっている甘みがより引き出され、口の中に柔らかな味わいが広がります。
煎り方はミディアローストがよいでしょう。もしかしたら、もう少し浅く行っても良いかもしれません。深煎りをしてしまうと、コーヒーの良さが消えてしまうので注意が必要です。

あぁ、やっちまった。初めてだ。

さて、今日のクマニュースです。

群馬県、対策で巡回ー出没多い利根沼田地区で

足柄上地域、山里にクマ接近ー関係機関で対策検討部会を設置。松田町ではクマよけ鈴も配布

自衛策や生態学ぶ 富山・月岡でクマ対策講習会

今日は何の日?
今日はミステリー記念日です。
1849年、ミステリー小説(推理小説)の先駆者・エドガー・アラン・ポーが亡くなりました。そのために、今日はミステリー小説の日となっているようです。1845年に発表された『モルグ街の殺人』が、世界初の推理小説と言われています。推理小説は面白いですからね。はまりすぎないようにしないといけないですね。。

盗難防止の日です。
2003年、自動車盗難や住居侵入による盗難に歯止めをかけるため、「10(トー)7(ナン)」の語呂合わせから、日本損害保険協会が制定しました。全国各地で盗難防止の呼びかけが行われます。

誕生花:
キウイ    花言葉:ひょうきん
カトレア   花言葉:あなたは美しい・優美な貴婦人
チョロギ   花言葉:驚き・楽しい人生
モミ     花言葉:高尚・昇進・時間

左から、キウイ、カトレア、チョロギ、下はモミの木の花です。

kiui.jpg   katorea.jpg   tyorogi.jpg

momi.jpg
posted by Higuma at 23:55 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー | 更新情報をチェックする

2006年10月05日

プラチナマンデリン

マンデリンコーヒーはインドネシアで生産されているコーヒーです。

“東インドの島々”という意味を持つインドネシア共和国のコーヒー栽培の歴史は、ブラジルやグァテマラといった中南米の産地よりも古く、1696年までさかのぼります。
当時オランダ領だった東インド諸島(インドネシア)のジャワ島に、オランダ軍の指令官がアラビカという品種のコーヒーの苗木を数本運びこんだのがはじまりでした。
ジャカルタの農園に植えられた苗木は地震と洪水によって枯れてしまったものの、3年後に再度インドから持ち込まれた苗木が無事ジャワ島の各地で根を張り、インドネシアのコーヒーの先祖となったのです。

たった数本の苗木からはじまったコーヒー栽培だったわけですが、今日ではインドネシアは世界第4位の生産量を誇るコーヒー大国となっています。しかし、およそ100年前の1908年、コーヒー栽培の大敵である、さび病が木々を襲い、壊滅的な被害を受けたことがありました。現在インドネシアで栽培されているコーヒーのほとんどは、この時にさび病対策として植え付けをした、病害に強い品種、ロブスタ種(正式には“カネフォラ種ロブスタ”)です。そしてさび病にも負けず、わずかながら生き残ったアラビカ種を、スマトラ島でマンデリン族が中心となって栽培したものが、今の “マンデリンコーヒー”です。その生産量はインドネシア全体の5%程度のため希少価値の高いコーヒーとされています。

マンデリンコーヒーは、コーヒー特有の酸味が少なく、クリアな苦味と豊かなコクを堪能できます。こってり系のケーキなどとも相性の良い風味のあるコーヒーで、単品で飲んでも美味しいのですが、味わいのアクセントとして、コクのあるブレンドを作りたいときにも利用されています


マンデリンにはいくつかグレードがあって、スタンダードのマンデリン、ゴールデンマンデリン、そして、プラチナマンデリンです。
スタンダードのモノとプラチナマンデリンは飲んだことがありますが、ゴールデンマンデリンは飲んだことがないので、よくわかりません。

マンデリンは最初、口に含んだときに感じる香ばしさが、特徴のひとつです。次に、鼻を伝わる高い香り、口の中に広がる苦味としっかりとした濃厚なコク味が主な特徴です。少し深めのローストにすると、さらに味の特徴が引き出されるといわれています。

そのマンデリンが作られているインドネシアは、豊かな自然に恵まれた東南アジアの大国で、赤道を中心として、東西約5100キロメートル、南北約1900キロメートルにもおよぶ広大な地域に点在する大小約1万3700の島々から構成されており、世界最大の群島国家です。

インドネシア・コーヒーのアラビカ種は、ジャワ島、セラウェシ島とスマトラ島、で生産されています。ジャワ島のものは生産量が少なく、セラウェシ島で生産されているものとしては、カロシ、トラジャで知られています。トラジャ・カロシも飲んでみたいコーヒーですね。

北スマトラ島で生産されているマンデリンは、世界的にも評価が高く、インドネシアを代表するコーヒーとして知られています。

そのなかで、プラチナマンデリンは、北スマトラの火山湖「トバ湖」(広さは琵琶湖の2倍)近くのリントン地区で栽培されています。北スマトラ島で生産されているマンデリンは、世界的にも評価が高く、インドネシアを代表するコーヒーとして知られています。いわゆる、ブランドモノということになりますかね。

精選工程の特徴としては、次のように言えるでしょう。
生産地の精選業者は契約している農民より完熟した赤実だけを買い付けています。
天日乾燥を棚の上のネットで行い、地面と接しないためマンデリンの味の欠点である土臭とカビ臭の発生を防いでいます。
プラチナマンデリンのハンドピックは、スタンダードのマンデリンとは違う特別な精選場で行い、また選抜されたハンドピーカーにより精選されています。
ハンドピックは3〜6回行います。

プラチナという冠がつけられているだけだって、スタンダードのマンデリンとは明らかに違うと言うことがわかります。まずは、香りが違う、そして、こくと酸味の絶妙なバランス、深みのある味、すべてにおいて格別です。値は少々張りますが、飲んでそんをしないコーヒーです。コーヒー好きの人は必ず飲んでもらいたいですね。


さて、今日知ったクマニュースの数々です。
ちょっと量が多いので、リンクだけにしておきます。

あす大北の4高で強歩大会ークマ対策でコース変更、生徒に鈴

石川県猟友会らがクマ出没周辺を山狩り

クマが身を潜める場所をなくそうと草刈り


美杉でクマの目撃相次ぐー親子連れなど今年に入り6件

滑川でクマ目撃

ツキノワグマ猟自粛へ 県猟友会

親子連れクマに襲われ女性2人けが 藤里町、キノコ採り中

クマと共存できる地域に 富士見高生が取り組み発表


今日は何の日?
今日はレモンの日です。
1938年のこの日、詩人高村光太郎の妻、智恵子さんが亡くなりました。亡くなる数時間前にレモンをかじる姿をうたった、「そんなにもあなたはレモンを待っていた・・・私の手からとつた一つのレモンをあなたのきれいな歯ががりりと噛んだ」という「智恵子抄」の「レモン哀歌」にちなんでいます。

時刻表記念日です。
1894年、庚寅新誌社から日本初の本格的な時刻表『汽車汽船旅行案内』が出版されました。福沢諭吉の勧めにより手塚猛昌が発行したもので、イギリスの時刻表を参考に、発車時刻や運賃のほか、紀行文等も掲載されていました。

折り紙供養の日です。
折り紙作家の河合豊彰さんが提唱しました。達磨忌の10月5日と花祭りの4月8日がこの日となります。

達磨忌です。
禅宗の祖・達磨大師が528年ごろに入寂した日です。南インド香至国の王子として生まれ、中国に渡って禅宗を始めました。達磨の置物は、緋色の衣を着て座禅した達磨大師の姿を模して作られたものです。


誕生花:
くこ     花言葉:お互いに忘れましょう
シュロ    花言葉:勝利
チグリシア  花言葉:鮮やかな場面

くこは懐かしいですね。くこの実は小学校の時に食べましたが、甘酸っぱくておいしかったです。

左から、くこ、くこの実、シュロ、下はチグリシアです。

kuko.jpg   kukonomi.jpg   syuro.jpg

chigurishia.jpg
posted by Higuma at 02:03 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | コーヒー | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

コーヒーの種と栽培品種

コーヒーノキ属の植物のうち、アラビカ種とロブスタ種が産業的に栽培されています。世界で栽培されているコーヒーの75〜80%はアラビカ種、約20%がロブスタ種です。以前はこの二種にリベリカ種を足してコーヒーの三原種と呼んでいましたが、病害に弱く品質面でも劣るので、いまでは全生産量の1%未満にすぎません。

栽培地ごとに移入された年代や経路が異なることと、栽培の過程で変異種の発見と品種改良が行われたことによって、栽培のための品種(栽培品種)が200種類上存在しています。品種改良は特にアラビカ種で進んでおり、ブラジルとコロンビアで盛んに行われています。

従来はティピカとブルボンがアラビカ種の二大品種と呼ばれ、それぞれコロンビアとブラジルで主力品種でした。しかし、品種改良によって、収量が多く病虫害に強い品種に置き換えられてきました。その結果、コロンビアではカトゥーラとバリエダ・コロンビアが、ブラジルではカトゥーラ、カトゥアイ、ムンド・ノーボが主力品種になっています。

三原種


アラビカ種


エチオピア原産で、主に高地で栽培され、香味が優れて豊かなことと環境の変化にデリケートで、産地ごとの土壌や気候の違いによる個性が明確に表れる反面、病害や乾燥、霜害に弱さが目立ちます。それでも全体の75%〜80%を占めるのは、その良質な香味が他を優越しているためです。主に、レギュラーコーヒー用です。

ロブスタ種

コンゴ原産で、比較的低高度の高温多湿の土地でも栽培できます。味は重たく平坦で、独特な香りがあり苦味が強く安価なため、主に缶コーヒーやインスタントコーヒーに使われています。また、カフェイン量がアラビカ種の2倍で2〜3%もあることが特徴です。

リベリカ種
西アフリカ原産です。高温多湿の気候に適応するが病害に弱いことが特徴です。品質もアラビカ種に劣るとされています。ロブスタ種と同様に個々の栽培種が区別されることはあまりありません。


豆の種類と名称

コーヒー豆の種類は、主に生産地で分けられています。名前の付け方は、国名 (コロンビア、ケニア)、山域 (キリマンジャロ、ブルーマウンテン)、積出港 (モカ)、栽培地名 (コナ、マンデリン)が主ですが、この他に、種名や栽培品種の名を付加した名称(ジャワ・ロブスタ、ブルボン・サントス)や、選別時の等級を付加した名称(ブラジル No. 2、タンザニアAA)なども用いられています。また1990年代以降、高品質であることを売り物に差別化を図るため、さらに特定の農園の名前を冠したコーヒー豆も増えつつあるようです。

代表的なコーヒー豆

代表的なコーヒー豆には以下のようなものがありますね。


- キリマンジャロ (タンザニア):強い酸味とこくが特長です。'野性味あふれる'と評されることが多いです。昔はかなり高いイメージがありましたけど、最近はそうでもないですね。

- コナ (ハワイ島):非常に強い酸味を持ちます。ブレンドに用いると良質な酸味が与えられると言われています。

- ブルーマウンテン:卓越した香気を持ち、調和の取れた味わいです。最高級の品質と呼ばれています。

- モカ (イエメン):独特の強い酸味を持ち、甘みとこくが加わります。また、香気に優れています。熱狂的なファンが多いと言われる豆ですね。

- グアテマラ:酸味とこくを中心とした味わいです。

- ブラジル:酸味と苦みのバランスが良いですね。

- コロンビア:酸味と甘味を中心とした味わいです。

- マンデリン (インドネシア):苦味とこくを中心とした味わいです。ブルーマウンテンが現われるまでは世界一と評されていた逸品です。

- トラジャ:苦み中心の味で、非常に濃厚なこくを持ちます。酸味はあまりありません。





今日は何の日?
今日は登山の日です。
登山は「10(と)3(ざん)」の語呂合わせです。日本アルパインガイド協会が1991年に制定し、日本記念日協会が1995年に認定しています。日本アルパインガイド協会は、この日を祝日にしようという運動も行っています。まぁ、ならないでしょうね、たぶん。
今日も山で行方不明者が出たというニュースがありました。登山をするときには、十分に気をつけてください。

ドイツ統一の日です。
1990年、東西ドイツが45年ぶりに統一され、ドイツ連邦共和国が誕生しました。ベルリンの壁が崩壊してからわずか11ヶ月後でした。早いですねぇ。もう東西ドイツが統一されてからだいぶたつんですね。驚きです。

誕生花:
おとこえし  花言葉:野性味
カエデ    花言葉:遠慮・確保・とっておきの
シオン    花言葉:ご機嫌よう・追憶
モミジ    花言葉:遠慮・自制・大切な思い出

ひだりから、おとこえし、カエデ、シオン、下の段はモミジです。
otokoesi2.jpg   kaede.jpg   sion3.jpg

momiji.jpg
posted by Higuma at 23:55 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

コーヒーの基礎的な知識

さて、今日は普段飲まずにはいられないコーヒーについて書くことにしましょう。

「コーヒー」の語源はアラビア語です。コーヒーを意味するカフワが訛ってできた言葉です。元々ワインを意味していたカフワの語がワインに似た覚醒作用のあるコーヒーにあてられたという説と、エチオピアにあったコーヒーの産地カファがアラビア語に取り入れられたという説があるようですね。

コーヒーは世界で最も多くの国で飲用されている嗜好飲料の一つです。アルコールやお茶・紅茶と並んで、人類との関わりが最も深い嗜好飲料とも言えますう。 また世界各国で、コーヒーを提供する場の喫茶店(コーヒー・ハウス、カフェ、カフェー)は、知識人や文学、美術などさまざまな分野の芸術家の集まる場として、文化的にも大きな役割を果たしてきました。さらに、石油に次いで貿易規模が大きい一次産品であるため、経済上も重要視されています。北回帰線と南回帰線の間(コーヒーベルト)の約70カ国で生産され、アメリカ、ヨーロッパ、日本など全世界に輸出されています。カフェインに代表される薬理活性成分を含むことから、最近は医学・薬学の方面からも関心を集めています。

coffe.jpgコーヒー豆はコーヒーの木から取れます。コーヒーの木はアカネ科の常緑樹です。原産地はエチオピアのアビシニア高原のようですね。熱帯地方でよく生育して、成木は約3〜3.5メートルの高さになります。厳しい剪定に耐えることができるけど、冬霜がつくと成長することができません。そのため、コーヒーは暖かい地方でしかできないんですね。雨季と乾季があるところが理想で、高地で最も成長します。これらの条件をすべて満たした地域は意外と少ないため、このような地域でできたコーヒーは高いですね。

コーヒーの木は樹齢3〜5年後から約50〜60年のあいだ花を咲かせ実をつけます。白い花は色と匂いがジャスミンに似ているようです。果実はコーヒーチェリーと呼ばれ、通常赤または紫の核果ですが、品種によっては黄色の実をつけるものもあるようです。果肉にも若干のカフェインが含まれており食用に供される場合があります。果実が成熟するまでには約9か月かかります。

果実の中には2粒の種子が向かい合わせに入っていて、一般にコーヒー豆と呼ばれるものは実そのものではなく種子の部分です。枝の先端に付く実には1粒だけ丸い種子を含むものがありピーベリーと呼ばれます。ピーベリーのみを特に集めたものには、稀少価値から高価で取引されるものもあるようです。

今日はこの辺にしておきましょう。
明日は、コーヒー豆の種類についてや、コーヒー豆の生産量について書こうと思います。

今日は何の日?
今日は望遠鏡の日です。
1608年のこの日、オランダの眼鏡職人ハンス・リッペルスハイが遠くのものが近くに見える眼鏡、つまり望遠鏡を発明しました。特許をオランダの国会に提出しましたが、原理が単純すぎたため、申請は却下されたといいます。

豆腐の日です。
日本豆腐協会が1993年に制定しました。「とう(10)ふ(2)」の語呂合せのためです。このごろは、そんなに無理がないですね。

関越自動車道全通記念日です。
1985年、関越トンネルが開通し、東京ー新潟間の関越自動車道が全線開通しました。関越トンネルができて、ずいぶん便利になりました。

そして、スヌーピーの誕生日です。
1950年、チャールズ・シュルツ作の漫画『ピーナッツ』がアメリカの新聞7紙で掲載を開始しました。飼い主のチャーリー・ブラウンもこの日が誕生日となります。ただし、スヌーピーが登場するのは2日後の10月4日号からです。
じゃぁ、誕生日ではないのでは?と思うかもしれませんが、そういうつっこみはなしと言うことで。笑

誕生花:
コリウス     花言葉:善良な家風
アンズ      花言葉:遠慮・気後れ・乙女のはにかみ
ヘレニウム    花言葉:寛容な心・派手
リンドウ     花言葉:的確・正義感・誠実

へレニウムは、化学の実験で出てきそうな名前ですけど、キク科らしいです。

左から、コリウス、アンズ、へレニウムです。下の段はリンドウです。
korius.jpg   anzu.jpg   herenium.jpg

rindou4.jpg
posted by Higuma at 23:58 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。